会社案内

沿革

平成10年9月

製鐵運輸梶i現:日鉄住金物流君津梶j100%出資で潟泣lサンスを君津市人見に設立し操業を開始。
資本金2千万円 社長 山田幸生

平成16年4月

吉川工業梶A新日本製鐵梶i現:新日鐵住金梶jが潟泣lサンスに増資し、社名を東日本資源リサイクル鰍ノ変更。 資本金1億円へ。社長 森 俊雄 就任

平成17年1月

新工場を富津市新富へ建設し、本社を移転し操業を開始。君津市人見の旧工場は閉鎖。

平成18年6月

社長 小林 修二 就任

平成19年2月

敷地内に部品倉庫を増設。

平成20年12月

敷地内にトラックスケールを新設。

平成22年1月

5,000uの敷地面積拡張を実施。

平成22年2月

自動車解体機(ハンドラー)1基を導入。

平成22年6月 社長 菊田 裕也 就任
平成25年6月

社長 鈴木 英生 就任

平成28年6月

社長 清水 義晴 就任

 Copyrightc 2007 East Japan Recycling Resouces Co,Ltd. All Rights Reserved.   個人情報保護方針